*** そう そう ***

Text Size : A A A
真っ赤なギラギラ太陽マークが並ぶ三連休。
頼まれ物を届けに実家に寄って、週末の買出しを済ませたら、
酷暑に蕩けてお昼寝三昧…のつもりだった。
友人からのメールに触発されてサイクリングを思い立ち、夕方から河川敷へ。
天辺からでなくとも西日が痛い。
一番近い場所から自転車を押しながら土手を登ってやろうかと試みたが、
傾斜の途中で力尽きて断念。
手前に自転車を置き去りにして階段を上る。
土手の上から遠くを眺める内に、ここを走ったら気持ちいいだろうなと、
自転車で通れるスロープがある大きな橋まで足を伸ばす事に。
日陰がなくて暑いんだけど、川風は涼しい。
土手の一本道って、何だか古いテレビドラマっぽいな~なんて思いながら
機嫌よくペダルを漕いでいたが、汗だくで家に帰り着いたら、結構な疲労感だった。
Img_35a718bef5a6a05bd8b732e5bd891dad
Img_b25b894fa8fb909ed7811f6f71a0a546
Img_804725478b8bb8a3eea740bc9b4683d8
Img_113453ca268e07521467abf1069f4a3b
連休真ん中は恒例のランチ会。
今回は少し趣向を変えて、リニューアルされた空港へ。
5月に高知へ行く際利用した折には、ゆっくり見る事ができなかったので、
展望デッキやお洒落なショップフロアをぶらぶら。
旅行の予定がなくても、お土産屋さんは物珍しいし、妙に浮き足立つ(笑)
その後、冷房の効いたお店で体が冷えきるまでおしゃべりに興じた。
お出掛けしても、まだ休みが残ってると思える三連休は贅沢な気分だ♪
Img_a865bd30571ec69e37bfadcf21751d43
Img_b0191dd597f90a9390183c817f1aa59e
11年使い倒した自転車は、
数年前に取り替えたスタンドだけがやけにピカピカだけど、
前カゴがゆがみ、ペダルが割れ、本体は錆と傷だらけ。
前輪も後輪も何回もパンク修理と車輪交換していて、
修理代でもう一台買えたんじゃないかと妹に笑われていた。
それでもまぁ満身創痍でよく頑張ってくれたと思う。
先日ついにオシャカになって、自転車屋さんに駆け込み
「取り急ぎ、一番安いの下さい」と新車購入。
新しい相棒、これから宜しくね!(*^-^*)
Img_f552ab1bc3332e52c7a8a4901810ccb8
Img_5da87a2ccb79b0dc74426af18ec3151e
お洒落なリノベーションの住宅カタログを読んで
燻っていた引越したい熱が再燃。
さすがに何が何でも今すぐに!とは思ってないけど、
丁度良い頃合を見計らって、チャンスを逃さぬように、
部屋探しのアンテナを張っておかないと。
子供の頃、新聞の折り込みチラシの間取り図を眺めては
空想に耽るのが好きだった。
図らずも大人になってからは転居の機会が多く、
私にとっては「新しい箱に入りたい欲求」を満たすのに好都合だった気がしている。
今の部屋に限らずこれまでのどの部屋も、自分のお城として居心地良いんだけど、
実は腰を落ち着けられない性分なのかもしれない。
又次へと思いを馳せている。
私が揺れを感じたのは丁度出勤前の身支度をしている時で、
棚の飾りが落ちたり幾つか物が倒れはしたものの、
「結構大きかったな~」といつも通りに家を出た。
電車が止まっているかもと予想はしていたけれど、
駅前に溢れる人だかりの通常とは異なる様相に、すぐには復旧しない気配を感じ、
自転車を取りに一旦戻るという案もあったが、
雨が降るかもと思っていたので、そのまま歩いて会社へ。
何度か歩いて帰った事はあるけど朝は初めてだなと呑気な事を考えながら、
最短距離になるように、裏道を急ぐ。
ビルに着いた所で当然ながらエレベーターは使えず、20階分の階段を上った!
息も絶え絶え膝ガクガクで出勤した直後に安否確認の連絡があり、
駅で足止めを食らっている人々には自宅待機命令が出されている事を知った。
私の他には上席者しか出社できておらず、
その日が締切だった売上処理だけは終わらせるように一人黙々と通常勤務(笑)
午後になってぽつりぽつりと出勤してきた同僚達と、必要最低限の業務を片付け、
動き出した電車が又止まらぬ内にと、追い立てられるように会社を後にした。
いつも運良く直接的な被害を免れているから助かっているけど、
私はもうちょっと情報収集力と危機感持たなきゃ駄目な気がする。
Img_dd7b4d52819e095eb55061096597de78
以前チェックしていたランチを目指して出かけたものの、
生憎お店が開いておらず、(後で調べ直したら開店時間を間違えてた)
戻るのも中途半端な距離だったので、そのままテクテクと隣駅まで。
お天気も良く暑いくらいで、川辺の風が気持ちいい。
途中、道端に見慣れぬものをチラホラ発見して足を留める。
何度も通った事があるけれど、いつも自転車だったからちっとも気付かなかった。
知ってるはずの風景までもがなんだか物珍しく見えてきて、カメラを向ける。
写真を撮ってる時に、バックパックを背負った外人さん二人組みに追い抜かれたけど、
彼らが写真を撮るために立ち止まると、追い抜き返す…というのを何度か繰り返した。
図らずも味わった異邦人な気分、こっちはめっちゃ地元民だけど(笑)
Img_79e6f4ca5364fe34deb4631a253002eb
カヌーしてた
Img_961cb886b601afd1dd340d46fff675db
イイ感じにツタが這ってる
Img_dd60f5d9f551525c5e7519ef1adfacb3
日時計
Img_3466084fe2c0f75a700ae3857f02cbdf
石碑
Img_6e314096f5fd0148d5e0b6c2a7351660
テレビ大阪
Img_9da8a037a8f6c4b1e8ecf7c3b78f84a6
京阪電車